肝臓の負担と酵素物質の関係

b1 (53)

アルコールを摂取すると、ほとんどが肝臓で酢酸に変わり二日酔いなどの症状はなくなりますが、この際に肝臓では、ある働きが行われています。肝臓内では、アルコール脱水素酵素がアルコールをアセトアルデヒドに分解し、アルデヒド脱水素酵素が酢酸に変えます。

アセトアルデヒドは身体に害を与える物質で、二日酔いとの関係性があり、肝臓へ負担のかけ過ぎによる肝機能の異常があって、酵素物質の働きが弱いと二日酔いの状態は長くなります。

余談ですがこのアルコールの分解ができない人がおり、下戸、すなわちお酒がまったく飲めない人なのです。アルコール分解の能力は人によって様々で、いくら飲んでも酔わない人がいますがそれは肝臓の解毒作用が高いのです。

ただし、だからといって大量にアルコールを飲んでもいいかといういうとそうではなく、肝臓に負担がかかっていることには変わりはありません。

肝臓がアルコールを最終的には無毒な酢酸と水に分解するように他にも色々な物質を解毒する働きがあり、アンモニアや摂取した毒素なども解毒します。

肝臓内で解毒の作用をする際には、酵素物質が必要になるため、不足している場合補うことも大切な健康管理の一つです。

毎日の食事から、十分な酵素を摂取するのは難しく不足しがちになるので、酵素サプリや生酵素ドリンクなどを利用して、不足を補う効率的な摂取方法がおすすめです。酵素を補うことは、肝臓の負担を軽減することにも繋がります。

 
<h3>肝臓の調子が気になる時の主な2つのポイント</h3>
肝臓は、人間にとってはとても重要なパーツです。解毒作用などがありますから、大切な役割を果たしている事は間違いありません。

ただその箇所に対して、脂肪などが多く付着してしまう事もあります。その理由も複数あるのです。基本的には適切なダイエットを行うのが望ましいです。

まず1点目の理由は、筋肉の問題です。普段から運動不足の方々などは、ちょっと筋肉のつき具合などに問題があるので、脂肪に不具合が生じてしまう場合があります。逆に適切な運動を心がけてあげると、その問題も解消されやすいのです。

それと2点目は、普段からのストレスです。一部の方々は、普段から多くのストレスを抱えてしまっていますが、それは体調を悪くしてしまう原因の1つになります。過大なストレスの問題点は、たまにテレビ番組でクローズアップされている事もあります。

それは、実際その通りなのです。ですから肝臓の調子が気になる時には、ストレスも上手くコントロールする必要があります。ストレスが原因の場合は<a href=”http://xn--vck8crc567qir1ake0aurah6ck24d.xyz/”>内臓脂肪サプリ</a>よりもハーブティや鎮静効果のあるサプリのほうがいいかもしれません。